セカンド冷凍庫どこに置く?~コロナ禍で変わる家づくり①~

2022.09.25

コロナ禍を受け冷凍食品の人気が高まっています。皆さんの家の冷蔵庫の冷凍庫もいっぱいなのではないでしょうか?そんな中、「セカンド冷凍庫」を買う動きが広がっています。日本電機工業会によるとコロナ禍前の19年の23万台だったのが、21年になるとなんと40万台を超える勢いになっています。

さて、そうなるとその冷凍庫どこに置く?という問題が出てきます。最近の弊社の注文住宅施工のお客様のお宅では、キッチン周りに大収納パントリーを作り、ストックの食品やセカンド冷凍庫が設置されている事例が増えています。とても便利で使い勝手がよさそうです。

皆様のお住まいではいかがですか?

災害対策、共働き、コストコやネット購入などでのケース単位での買い物、様々な点でストックヤードやセカンド冷凍庫の重要性が増しています。ライフスタイルや暮らし方、生活に関する考え方で間取りが変わる良い例ですね。

弊社スタッフは世の中の動向を常に敏感に感じ取り、お客様が暮らしやすい住宅の提案をしています。きっと、「なるほど、気が付いていなかった!」ということがたくさん発見できると思います。