「おっ!」カードが生み出すもの

2022.09.30

今回はWOW Holdingsグループの取り組みの1つをご紹介します。

私たちは「おっ!」という日本一短い理念を掲げています。「家づくりをとおしてして、驚きや喜びから生まれる幸せをより多くの人へ、100年先までつくり続ける。」という想いで仕事をしています。

様々な形で個人でビジネスが可能となっている現代、あえてチームとして集まり、チームじゃないと生み出せないことに価値を置き、家づくりをおこなっています。多くの会社は働き方や時代に合った組織作りに取り組んでいますが、それは何のためなのかを考えます。

●待遇をよくするため?
●会社を発展させるため?
●売上をアップさせるため?
●職場環境をよくするため?

それらを目的として果たして時代にあった組織になるのでしょうか?それらは単なる結果なのではないでしょうか?

私たちは考えます。ここに集まったメンバーがそれぞれ最大限のパフォーマンスを発揮できれば、チームとしては掛け算でその結果が出せる。そうすれば先に挙げたことは結果としてついてくると。

キーワードは「ホールネス=個人の全体性」です。自分を殺して、我慢して業務時間を乗り切り、切り替えてプライベートを楽しむ?

私たちはそうは考えません。仕事で自分の感情、感性、意見を出すことで仕事の時間も自分の表現場、自分時間を楽しむ場と考えます。

WOW Holdingsの代表阿久津は常にチームの皆に問いかけます。「みんな元気?」「人生の多くの時間を仕事に使っている、その時間を楽しんでいますか?」と。

だからこそ私たちは、一人一人が個性を発揮し、のびのび自分を表現し、最大のパフォーマンスを発揮するために「ホールネス=個人の全体性」に重きを置く職場環境の実現に取り組んでいます。これは非常に難しく、そう簡単にできるものではありません。

その取り組みの1つが「おっ!」カードです。

理念実現のための11個の共有価値の視点から、社員同士、上下関係なく仲間の働きぶりに対して感謝したり、驚いたり、いい部分を発見したりした場合に、その素直な感情を文字にして相手にカード送ります。

①チームで共有する価値基準を下に
②仲間の動きに気を配り
③感情を素直に表現し合う

このサイクルがチームとしての生産性を高めていきます。そして、一番いただきたいお客様からの「おっ!」カードにつながると考えています。