有馬 章太郎

有馬 章太郎

デジタルコミュニケーション

新しいことを取り入れることに本当に寛容な社風です。
新しいことを生み出し続ける「攻めのマーケティング」を継続していきたいですね。

入社までの経緯を教えてください。

学生の頃は建築科を専攻していました。もともと建築に興味がありました。福岡工務店に入社するまでは、建築業とかけ離れた仕事をしていましたが、まわりまわってこの会社に入社したので、ご縁があったのだなと今では感じています。

卒業後は、営業、接客、電話対応など他業種でさまざまな業務を経験しました。新規開拓専門の営業をしたり、コールセンターでの携帯会社のパケットプランの販売をしたり。その中で、社会でニーズが高まっているWEB知識について極めてみたいと考え、再度学生に戻りPC・WEB知識や社内のインフラをネットワークで整える知識などを勉強しました。その後、通信機器の知識が活かせるよう電気機器の接客販売と物流の部署を経験しました。

それぞれの仕事で接客(面談、電話)のノウハウやクレーム対応などが現在に活きていると感じています。その後、司法書士事務所にてWEBマーケティングのノウハウを身に着け、WEBでの創客に関する知識と経験を積みました。ここで身につけた経験が、現在WOW Holdingsのマーケティング部に活かされていると感じています。

入社に至った理由を教えてください。

転職を決意した一番の理由は、創客に関してSEOを意識して会社名をつけたり、Googleに取材されていたり、業界の中でも一歩先を走っていてビビッと来たところです。ホームページのお客様インタビューに細かい情報まで載せていたことにインパクトを感じました。信頼関係あってこその情報掲載だと思うので、会社自体の信頼性にも魅力に感じました。

当時勤めていた司法書士事務所を取り巻く環境や経営方針がかわり、自分のマーケティング経験を活かせる環境を探したいと考えていたところ、当社からオファーがあり転職を決意しました。

社長とお話しされて印象深いことはありましたか?

当時から面白いことを言う社長だなという印象は凄くありました。エジプト旅行でのピラミットの話しだったり、ディズニーで働いていたときの話しだったり、実体験に基づく話しを面白可笑しく話していて、なかなかいないタイプの社長だなと感じました。今思うと社長らしいなと思います。「おっ!」をつくるということを身をもって実行し続けている社長は本当に凄いなと、一緒に働いて実感しています。

どんなところにやりがいを感じますか?

新しいことを積極的に取り入れたり、進化することに前向きであったりすることが好きなので、それが会社の成長に繋がったときはやりがいを感じますね。上手くいくか分からない状況でも、会社がバックアップしてくれる環境はありがたいと感じています。

業務でいうと、目標を達成することについては、やりがいを感じているということはあまりないです。目標はこなさなければならないものと感じているので、責任感をもって臨むという感じです。お客様が満足していただけることも当たり前と思って、常に最善のご対応ができるように考えています。私にとってあたりまえにすべきことに、やりがいを求めることはしないかもしれないです。

お仕事をしていて嬉しい瞬間はどんな時ですか?

ひとつめは、福岡工務店にご興味を持ってくださったお客様がご契約につながる橋渡しができたときですね。当社でお客様が大事な住宅を建てる決意をしてくださることはとても嬉しいです。当社は反響営業なので、マーケティング部がしっかり機能しなければ、ご来店、その先のご契約も実現できません。今後の取り組みとして、創客できたすべてのお客様が福岡工務店のファンになってくださるように取り組みたいと思っています。

ふたつめは、マスメディアから当社の取り組みが取材されるときなどですね。広報宣伝やマーケティングをする側からすると、自身のプレス戦略が上手くつながったときは嬉しいですね。

チームとはどのような存在ですか?

今のチームはそれぞれ皆が違う業務を担当しています。皆さん責任をもって仕事に向き合ってくれていてとても頼りになります。チームとは「プロフェッショナル」の集まりであると思うので、チームの仲間それぞれが自身の強みを活かしてクリエイティブな仕事をしたり、刺激し合ってより良い結果を生み出せたりする存在でありですね。自身も自己成長のために情報収集を怠らないようにしています。チームを引っ張るのはもちろんですが、メンバー個々の能力についていけるよう日々精進しています(笑)

これから挑戦したいことはありますか?

皆がそこで働けて「いいな~!」と思ってくれる会社にしたいと考えています。社員全員が在籍していることを誇りに思って、周りからも一目置かれるような、そんな会社にしていきたいです。

自身に関しては、マーケティングやシステム関係について、どんどん新しい技術や考え方を取り入れていきたいと思っています。マーケティングに関して、今やっていることだけをやり続けると会社にとって「リスク」だと考えています。新しいことを取り入れることに寛容な社風のもとで、新しいことを生み出し続ける攻めのマーケティングができます。業界でも先を走っている存在だと思ってもらえるようになったら嬉しいです。固定概念にとらわれない方法で、「おっ!」をどんどんつくっていきたいと考えています。

弊社で活躍できるのはどんな人でしょうか?

前提として、理念の「おっ!」に共感して自身に落とし込める人だと思います。プラスして、ご自身がやりたいことを発想、企画、発信できる人だと思います。発想が型にはまっていない人ですと、なお良いなって思います。