石田 裕紀

石田 裕紀

実施設計

熱意を行動で示すための努力を続けていたいです。
設計職だからこそできる「お客様のご要望をカタチにする」ことへの喜びを追求しています。

どういうきっかけで入社されましたか?

幼い頃からモノづくりが好きで、市販のものを一度解体して再度組み立てるような子供でした。中学時代、図面に魅了されて設計士を目指すようになりました。大学は建築科に行き建築の勉強をしましたが、卒業後はじめて就いた仕事は建売住宅の現場監督でした。その後、現場監督+図面作成(CAD)をする仕事を経て福岡工務店に入社しました。設計士としての仕事に就くのは当社が初めてでした。経験が重視される職種にも関わらず未経験の私を雇ってくださり感謝しています。

現在、挑戦していることはありますか?

「いかにお客様のご要望を叶えられるか」、これが家づくりにおける設計士のテーマだと思います。カタチのないものをカタチにしていくのはとても難しいことです。自身の考えたプランをお客様が気に入ってくださり、それが実際にカタチになったときには大きな喜びを感じます。また、お引き渡しの際、完成したお家を見て喜ぶお客様の姿を見るときも、設計士としてのやりがいを感じる瞬間です。これからも、ひとりひとりのお客様の想いをカタチにしていけるよう、日々設計の仕事を追求していきます。

これから挑戦したいことはありますか?

一級建築士となるため勉強しています。「努力に勝る天才はなし」の座右の銘のとおり、努力を重ねて必ず取得したいと思います。

理想のチームとはどのようなチームですか?

なんでも言い合える関係が理想です。各々が自身の仕事をしっかり遂行し、さらにお互いに高め合えるチームでありたいと思っています。現在、一緒に仕事をしている朴さんは構造面の設計に長けている設計士です。自身が悩んでいるときは気軽に相談に乗ってくれます。頼りになる存在です。これからもお互いに良いプランを出しながら、モチベーションを上げて仕事に取り組んでいきたいです。

「おっ!」をつくるために何を心掛けていますか?

設計士のプランによって、福岡工務店のファンになってもらえるかが決まると思っています。一発目のプランでいかにお客様の期待を超え、「おっ!」と思ってもらえるか、その姿を想像しながらプラン作成に取り組んでいます。

弊社で活躍できるのはどんな人でしょうか?

自分の思いをしっかり持ち、きちんと相手に伝えられる人だと思います。簡単に言えば発信力のある人です。何か変えたいことがあるときに、思いだけではなく根拠を持って相手に伝え、かつ行動できる人が活躍できると思います。私もその信念をもって活躍できる人材となっていきたいです。