木村 哲

木村 哲

メンテナンス

日本最高レベルの「品質を支える誇り」を味わいながら、
「社員と会社の成長を実感できる」ことが楽しみです。

入社に至った理由を教えてください。

福岡工務店に入社する前は、塾講師やプログラマとして自営業を営んでいました。最初は福岡工務店のホームページやシステム部分の補助の仕事を外部パートナーとして携わっており、入社のきっかけは社長からお声掛けをいただいたことです。「外部からだからこそわかる福岡工務店の強み」について、前々から魅力的に感じていたのもひとつの理由です。創客に関するマーケティングも話題になっていました。魅力が沢山あって、自身が役に立てることがあったら「一緒に仕事をしたい!」と思い入社を決めました。

その後、現場監督として経験を積み、住宅の品質管理、お引き渡し後のアフターメンテナンスを専門とする「部署の立ち上げ」などに携わりました。現在は技術管理部の責任者をしております。

入社してからの印象はいかがでしたか?

外から見えなかった良い面については、成長過渡期でありながらも従業員の働き方について「先を見据えて」独自の視点で整えようとしていると感じました。社員に心地よく仕事をしてもらうためのユニークな取り組みもしていたり、馴染みやすかったのは覚えています。

人については、面白い人材がそろっていると感じました。悪いと感じたところは特になく、当初描いていたイメージより好印象を感じることが多かったような気がします。会社が成長するにつれて、必要になっていく部分は多くなっていきますが、根本的な所は「ブレない」芯の強い会社だと感じています。社員の「志」が強い会社で働くことに誇りを感じています。

入社して何か変化はありましたか?

自分自身が入社してから一番大きく変わったことがあります。以前より「家族と過ごす時間」が増えたことです。「質のいい仕事のためにしっかり休みなさい」というのが上長である田之上の考えでもあるので、入社前より休みの日に何をしようか考える楽しみも増えました。

運転も好きなので、先日は車で家族とユニバーサルスタジオジャパンに行きました。楽しかったです。家族と過ごす大事な時間が増えて良かったと感じています。物理的に休みが多いよりも、休日を心安らかに誰と過ごすか考えることができる充実感というのは、今の会社のおかげで味わうことができています。

現在、挑戦していることはありますか?

業務的に挑戦していることは、福岡工務店の強みである「仕事の質を高い所で保つ」ことです。施工技術「日本一」を獲得し高い評価を得た経歴があるからこそ、それを保つことが肝となってきます。そのためには誰が現場監督をしていても住宅品質が保たれる、もしくは向上することが必要です。引き渡し後の不具合対応があればフィードバックし、改善をお願いすることや万が一のクレーム対応など多岐にわたります。

技術管理部は、お客様が品質の高い住宅を選ぶということに関して、重要な役割を占めていると自負し日々の業務に取り組んでいます。営業部が安心と自信を持ってお客様に品質の良さをご案内できる環境をつくり続け、それが会社の業績に繋がることも願っています。

仕事のやりがいを教えてください。

会社のアピールポイントである「品質」に深く関わる部署で仕事をしていることです。現在はネット社会で、お客様の「選択肢も多く、選ぶ力もとても高い」と思っています。当社の注文住宅営業は反響営業を主体としていますので、数ある中で当社を良いと思って足を運んでくださる理由となるポイントに注力できていることに、とてもやりがいを感じています。

高い施工技術であることを、実際にご契約に至ったお客様には体感していただきたいですし、期待が大きい分「責任」も感じているので、緊張感をもって「妥協しないような仕事」を今後も続けていきたいと思います。仕事に対するプロ意識を持ち続けることがやりがいにも繋がっています。

将来のプランは何かありますか?

個人的なことですと、シンプルなのですが当社で「家」を建てたいですね。本当にこの会社の家づくりが好きなので、会社の仲間と建てた家に住みたいですね。

仕事ですと、営業・設計・施工管理とさらに連携を深くし、もっと品質の良い家を将来的にどんどんつくっていきたいですね。それが、外部へのアピールになりますし、営業部の皆さんや外部へアプローチする方たちへの「武器」にもなると考えています。もっと福岡工務店を選んでくださるお客様が増えたら良いですね。

「おっ!」をつくるために何を心掛けていますか?

特に意識を日頃しているわけではありません。強いて言えば「人の仕事を減らす」ことです。チームで動いている時に、誰かが先回りして仕事をしてくれると自分も助かりますし、「おっ!この人はこんな所にも気を遣えるのか、この手があったか!」って思います。工事部門のチームは自分にとって気の置ける「仲間」であり、ひとりひとりが「頼りになる存在」なので、自分もチームの仲間や会社の仲間にとってそんな存在でありたいとも思っています。

イレブンバリューに「量は質に転化し質は常に改善する」という項目があります。着手する住宅の量が増えると仕事も増えますが、その度に、先ほど述べた「おっ!」を増やしていけば自然と仕事の精度も上がりますし、会社の成長と共に技術管理部が成長していけます。もちろん自分自身も更に成長していくことを意識しています。

弊社で活躍できるのはどんな人でしょうか?

「自立心が強くて、しっかりと理由がある意見を発言する」「仕事仲間のために自分なりに考えて行動する」人だと思います。当たり前かもしれませんが、失敗を人のせいにする人は向かないと思います。失敗も成長の糧にできる人であってほしいですね。会社は成長過渡期なので、業務も日々変化する部分もあります。以上も含め「次に仲間になってくれる人」のことも考えて、色々貢献したいと思ってくれる方に自分は「おっ!」と感じるかもしれませんね。