中桐 万里子

中桐 万里子

COO

WOW Holdingsとのご縁について教えてください。

入社のきっかけは阿久津社長からのオファーです。決め手は、思考やアイディアが「面白い人たち」が本気でする仕事に携われることへの魅力です。

始まりは数年前、私の祖先である二宮尊徳(二宮金次郎)の言葉「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」に社長がご興味を持たれていて、金次郎愛を中心に時々お会いしてお話しさせていただくようになったことです。職業柄、各地の講演などを通して色んな考えを持った方とご縁をいただきます。

阿久津社長はいつもユニークな考え(私にとってはちょっと不可思議)を持たれていて、どういう風に会社経営され、どんな方たちと仕事をされ、これから何を始めようとされるのか、などに興味がありました。なので、ジョインのオファーを頂戴したときにも、一緒に仕事ができたら楽しそうだなと純粋にワクワクしてお受けしました。

他社と違う魅力はどこにあると思いますか?

仕事に対する正直さや真面目さを、一人一人が持たれている印象があります。けれどそうした「家づくり」へのまっすぐなブレない芯を持ちつつ、組織としてはさらに成長しようとする意欲や、「変わることを恐れない柔軟性を兼ね備えているところ」も魅力で、面白さがつまっているところだと感じます。皆さんが今後、更に組織をブラッシュアップさせて成長していくと、どのようになっていくかとても興味深いです。

真面目さを感じたエピソードを教えてください。

例えば、初めてWOW Holdings「仕事」を見たのが「家づくりの現場」でした。その時、田之上CTOがメリット・デメリットについて話してくださいました。どの会社も自社の「強み」については説明するでしょうが、求めてもいないのに自ら「弱み」をお話しされる会社は、インパクトがあるというか、真面目さやフェアさが伝わってきました。シンプルなことですが、簡単にできることではありません。そんな方が技術職の責任者として働いている会社って、素敵だなとすんなり思ったし、間違いないと思いました。

営業やマーケティングの方も、それぞれが繕ってないのが好印象でした。経営陣と社員さんの「立っている場所、目指しているところが同じ」というのも良い特徴かもしれませんね。

弊社の面白いところはどんなところでしょうか?

面白さに関しては社長の存在が大きいかもしれないですが、それと社員さんとの化学反応があってこそという印象も持っています。

理念に共感して入社する方たちは自ら「おっ!」をつくろうとしていて、「新しいことにも柔軟」で拒否反応がありません。創り手としての主体性をさらに発揮すれば、おそらくもっと大きくなるだろうし、ビジョンや事業計画を実現するさらなる潜在力をお持ちだと感じています。皆さんまだ余力がある?というか、今後がまだまだ楽しみです。

一番変化を感じる部分はどこでしょうか?

ビジョンの再構築をして、計画的な事業成長のイメージや意志を「社内全体で再度、共有し始めた」ところではないかと感じます。「皆で次のステップへ」という意識的な自覚が出始めたところが一番の「変化」かなと考えています。その中で、会社が社員の方にどう働いてほしいかの共有もでき始めたのではと思っています。

会社は、社員さんに恥ずかし気もなく「本気で仕事を楽しんでほしい」そして「幸せな人生を送ってほしい」と願っています。さらに、それを具体的な仕組みとして反映させるため、「社員の自発性を最も大事にする」という考えに至っています。実務レベルでもそうですし、会議などモチベーションを保つための仕組み作りも構築し直そうとしているのもまた、面白さの一つであり大きな変化の一つだと思います。まさに「一円融合」への挑戦だと感じます。

これから挑戦したいことはありますか?

基本的に個人事業のスタイルでひとりで動いてきたので、WOW Holdingsにジョインしたことも挑戦だと思っています。自分がチームの一員となって、組織とともに動くというのは新鮮で楽しみな気持ちが強いです。

私は考えに狡さがある人が苦手です。経営は時に出し抜く狡さや計算が必要だと言われたりもしますが、そういった方や会社とは関わりを持たないようにしています。真っ直ぐに生きる姿に魅力を感じているので、苦労やトラブルが多くなったとしても、常識にとらわれず真っ直ぐに、それぞれが自分らしく一生懸命生きて、会社も社員さんももっとキラキラできたらいいなと思います。皆さんと一緒にあらゆる角度から物事をさらに磨き、「おっ!」をつくるための努力や楽しさを共有したいと考えています。ちょっと泥くさくなったとしても、きっとワクワクするし挑戦意欲がどんどん増します。

弊社で活躍できるのはどんな人でしょうか?

金次郎の行動哲学にもありますが、「受け手で終わるのではなく生み出そうとする人。喜びや感動を生み出して与える主体であろうとする人」と思います。まさに「おっ!」をつくる=「発信者」になるとぴったり重なっています。ただそのためにも「気づくことができる」「「おっ!」を受け取ることができる」のも大切だと感じます。「なぜ、発信者になろうとするのか?」です。

人は皆、そのはじまりは受け手です。何もできず何も持たずに生まれてきて、育ててもらい、愛してもらい、今を生きています。これまで成長してきて、そして今、生活している中で受けている様々な恩恵(つまり「おっ!」)に気づき、それを自覚することです。すると、「ありがとう!お返ししたい!」とか「自分もなにか生み出したい!」という気持ちが少なからず芽生える気がします。自分に与えてきてくれた誰かを思うと、自分が思っている以上に頑張れる力が沸く気もします。そんな輝き方ができる方は、本当にのびのび活躍できるのかなと思います。

「おっ!」をつくるために何を心掛けていますか?

まずは、自分が「おっ!」をたくさん体験・体感することでしょうか。そのために私は常にいい意味で「まっ白」で敏感でいることを意識しています。感性を研ぎ澄ますことでより磨きがかかると思います。

私の場合は、季節の移り変わりや花、空気、空、周りの自然に気持ちを傾け、小さな発見を楽しむ習慣もそのひとつです。自然には「おっ!」があふれているし、いろんな刺激や気づきをくれます。そのおかげで、多少イヤなことが起きても平常心を取り戻し、自分も何か「おっ!」をつくれないかなと気持ちを切り替えやすいです。

習慣を継続するって難しいので、そのために、「季節に関する一言を普段のメールに添える」というお題を勝手に自身に課しています。アウトプットする機会を持ち、半強制的に?継続させているわけですが、メールは簡潔にしろと仲間からはよく怒られもします。でも、たくさんの「おっ!」という感動を受け、感じながら、自分も磨きのかかった「おっ!」を世界に対して生み出していきたいと思っております。